年収は審査に影響する?クレジットカードの気になる情報

- 年収は審査に影響する?クレジットカードの気になる情報

年収は審査に影響する?クレジットカードの気になる情報

ショッピング枠の利用だけなら収入証明書も不要

通常クレジットカードの申し込みする際には申込書の記入欄に年収を記載する項目がありますが、職業や勤続年数などが書かれていればある程度推測することが可能ですので、その証明をするための書類を準備するは必要ありません。ショッピング枠の利用のみであれば収入証明書の提出は義務ではありませんので、自己申告の年収で審査を受けることが可能になります。
極端なことを言えば少しでも審査を通りやすくするために虚偽の申告をしても、カード会社にはその真偽を図ることができない程度の重要性です。よって、年収自体はあまり気にする必要はありません。

キャッシング枠利用時には要注意

gtdruhy76ui
貸金業者からの多額のキャッシングで返済不能となるかたが急増し、年収に対して借り入れできる金額の上限を設ける総量規制が敷かれました。これによって年収の3分の1より多い貸し付けが禁止になったのですが、当然クレジットカードのキャッシング枠にも適応されます。
そのため、ショッピング枠だけではなくキャッシング枠の機能の利用も考えている場合には、カード会社がクレジットカードを発行する際に利用者の正確な年収を必ず確認しなければならなくなります。この際にあまりにも年収が低いと返済能力を疑問視されるため、審査が通りづらくなる傾向にありますから注意が必要です。
クレジットカードは簡単にいえば借金です。ちゃんと借金をしても返せる人かどうかが判断材料となっています。
絶対に借金はしたくないと思っていても、あると便利な場面もあるので作っておいて損は無いと思われます。

年収よりも継続して得られる収入が重要

審査時には、年収よりも安定した収入を継続して手にすることができるかが重要視されることがあります。年収が低かったとしても、同じ職場に長期間勤めていることで信用度が高くなり審査に有利になるのです。安定した給料を得ていれば引き落とし日に滞納しない可能性が高く、返済不能となる状況に陥りにくいというのが大きな理由になります。
しかし、審査のために勤続年数を偽るのは問題です。過去に作ったカードの利用履歴や在籍確認時に調べればわかってしまいますし、申込書に虚偽の申告があることが発覚すれば当然審査は通らなくなります。後悔のないように事実を正直に書くようにしてください。

年収が推測しづらい自由業は審査で不利

審査を受ける際に気をつけたいのが年収を把握しづらい自由業の場合です。勤務先から年収を予測することができないために、カード会社のほうも審査時にどうしても厳しい目を向けざるを得ません。調べてみると自由業どころか無職であったというケースが少なくなく、高い確率で審査に落ちてしまいます。
カードを持ちたいと考えている場合には、開業届けを出して個人事業主になることで立場が安定して審査に有利になるのでおすすめです。また、年にどのくらい稼ぐことができているのかショッピング枠のみの申し込みであっても書類の提出が求められることが多いため、収入を証明できるものを準備をしておいてください。

Similar Posts:

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP

Copyright(C)2016 急な出費で困ったら?クレジットカード現金化ですぐに現金が用意できます! All Rights Reserved.